忍者ブログ
ぱるんの妄想絵本

2017.10.20 Fri 「 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010.09.05 Sun 「 The MANZAI 6小説・本

いつの間にか出ていた『The MANZAI 6』を読了。これで完結と
出ていたので驚き。

で、感想。
何だか良く解からない。モヤモヤ。二人がこれからどうなるのか。
終盤でいきなり急展開したもんだから、びっくりしてしまって。
秋本はアメリカへ行くわけだど。で、まあ多分帰ってくるんだろうケド。
それより歩が、なんかドライな気がする。他人に頼らなくても~みたいな事
言ってるけど、秋本に色んな物もらったんだから、ちっとは答えてあげなさいよ。
なんて思ったけど、歩もやっぱり漫才やりたくてうずうずしているみたいだから、
一人でずんずん何て言いつつ、一ヵ月後にはまた二人で漫才やってるんだろうな。

5~6巻で、秋本が歩に対して自分の葛藤を打ち明けてるのが良かった。
それまではちょっと秋本って頼りがいがありすぎる感じだったから、ああ、秋本も
歩に支えられていたのか、という感じでね。どーも歩、そこら辺に気付いていない?

ちょっとスッキリしない終わり方だけど、出会えてよかった作品です。

PR
2010.09.03 Fri 「 ラストの解釈小説・本

『パーマネント野ばら』のラストの解釈が難しい。
最初に読んだときは、恋人かと思っていたんだけど。
それなら、冒頭と終盤のあのエピソードはいらないと思う。
確かに表面上は「彼氏」と書かれているんだけど、
大事なシーンでは「恋人」ではなく「好きな人」と書かれている。
好きな人…それって恋人に限った話じゃ無いよね。

「あなたが どんどん うすれてゆく」

の、「あなた」とは、今まで関わった好きな人(恋愛関係無く)全ての事なのか、
とか、色々考え出したら、きりが無くなってしまった。シンプルな絵柄、少ない台詞で、
深いなあ、この作品…。

しかし、この作品の「どんな人でも受け入れる」感覚は凄い。泣けてくるわ…。

2010.09.01 Wed 「 パーマネント野ばら小説・本

西原理恵子さんの『パーマネント野ばら』を読みました。

良い話だった。おかしくて切ない。痛くて優しい。惨めで愛しい。
登場人物は男女共にダメダメな人達ばかりだけど、突き放さず、
でも甘やかさず、作者の愛情がそっと注がれている。
感傷を、すぐさまギャグでぶち壊してしまう所も好き(笑
ギャグとシリアスがきちんと調和している点は、見習うべき所だなあ。

欠点だらけの人達の、毒てんこ盛りな暖かいお話。よろしければぜひ一読を。
あ、でも下ネタ嫌いな人は気を付けて。うちのゲームよりヒドい(笑
これがサイバラワールドかあ…。

2010.08.02 Mon 「 クマのプーさん小説・本

『クマのプーさん』を読みました。児童文学です。当然、ディズニーアニメの
あの『くまのプーさん』の原作です。「クマ」と「くま」で区別しているみたいですね。
続編に『プー横丁にたった家』があって、アニメはそちらと混ぜて作られています。

やっぱりイギリスの児童文学は良いですね。この、ナンセンスな感じが。
さっそく、製作中のゲームに要素を取り入れてしまった(笑 アリスがテーマなのに。
でも作風的には、遠からずの部分もあると思うな。

アリスにしろ、ディズニーアニメ版を批判する向きもありますが、
自分はどちらも好きです。それぞれに魅力があって。
あ、バートン版アリスはさすがに論外ね。原作を尊重する意思が欠片も伝わってこない。
しかし、アメリカはイギリスの本をすぐ映画にしたがるなあ。


拍手お返事。

>おれんじさん
プレイありがとうございます!
やはり『平成ピストルショウ』を楽しめると、『Re:Kinder』も楽しめる様ですね。
ホラーの中にも、ファンタジックな要素を取り入れようとしたので、それが伝わった様で
何よりです。ギャグはちょっとやりすぎたかな、と今では思っています。
アリスのゲームの方も、のんびり期待しておいて頂けると嬉しいです。


レス不要、パチパチだけの方もありがとうございます!

2010.06.23 Wed 「 おお振り15巻ちょこっと感想小説・本

『おおきく振りかぶって』15巻読みました。

「一区切り」の巻、だと思いました。そして新たな始まりの巻。
表紙の仕様からして、今までとは違います。
西浦メンバーは、相変わらず青春してんなコンチクショーキラキラ☆
な感じなんですが…前半の、呂佳コーチと、岳史君と、滝井監督と、和さんの
エピソードが…あれだ、ちょっと『ヤサシイワタシ』に通ずる毒を感じた。
もちろん、おお振りは「そういう話」では無いから、さらりと流してはいるけど、
やはり、ひぐち先生は油断ならないと思った。

阿部と三橋については…良かった、としか言いようが無い。本当に良かった。
そしてあの笑顔! カッワイイなあ! あと阿部弟のシュンもカワイイ。兄と似てないね。
滝井監督の高校時代はどう見ても田島。

あと何か思い出したら感想追記するかも。

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
ぱるん
性別:
男性
趣味:
創作・映画鑑賞
自己紹介:
妄想癖有り・有毒の人形です。
バーコード
RSS
ブログ内検索
アーカイブ