忍者ブログ
ぱるんの妄想絵本

2017.12.12 Tue 「 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010.09.06 Mon 「 懲りずにエヴァ見てる映画・映像作品

しつこくTV版のエヴァ見てるわけです。
といっても、やっぱり全部見るわけではないので、結構飛ばし飛ばし。
新劇場版『序』の感想で気になったのが、学校生活はTV版の方が遥かに
良く出来てるって事だったので、じゃ、その辺りを見てみよーって事で。
フォースチルドレン三部作でトウジが退場してしまうので、その少しぐらい前までの話。

で、感想。

最初の方、トウジとの確執と和解がかなり丁寧に描かれてる。良いね!
日常の描写もかなり丁寧。劇場版では尺の都合上描かれなかったエピソードが
見ていて楽しい。特に『アスカ、来日』と『瞬間、心、重ねて』は、コレ本当にエヴァ?
ってぐらい明るい。トウジがアスカにチ○コ見せるし(汗 全体的に凄くコミカル。
他の話でも、ついにゲンドウまでもギャグ要員になっちゃうし、この辺りスタッフノリノリ(笑
でも、この路線のままじゃあ、社会現象にはならなかったろうね。
後半の壮大な展開、精神世界的な物語は、新劇場版で観てみようと思います。
いつ公開かなあ…。

PR
2010.08.27 Fri 「 エヴァみたよ映画・映像作品

アクセス数、絶賛ガタ落ち中。 こ れ は ひ ど い。
やっぱりこの間の記事がまずかったかなー。これからは
気をつけます。にゃりん☆

TVアニメ版を見ましたよ。こういう事に関しては素早いぱるんです。
といっても全部じゃなくて、フォースチルドレン三部作と言われてる
三話と、最終回前、最終回を見ました。不届き者ですねわかります。

で、感想。まずはフォースチルドレンの方から。
基本的に、3号機の搭乗者がアスカからトウジになってる事以外は、
『破』と大差無し? というか、技術の進歩がある分、『破』の方が迫力ある。
あ、でもやっぱりTVアニメ版の方が全体的に暗いですね。
制作当初、トウジは死ぬ予定だったけど、プロデューサーにダメ出しだされて
片足を失うに留める、と。うん、こっちの方がドラマがあって良いと思うよ。
破のアスカは尊い犠牲乙としか言いようが無い(汗 まあ、続編が作られる様だから
まだ結論は出せないけど。トウジをフォーカスした話が見られて良かったです。

最終回前、最終回の感想。
あー、こういうフィールドは、20歳あたりで卒業したので、
青臭い痛々しい話としか。難解とかそれ以前の問題。受け付けない。おもろない。
前衛的な表現も今となっては古臭い。

結論。
トウジ萌え。うっわー頭悪い! 石は投げ…ていいよ。でも変なコメントは投げないで。

シンジとトウジの確執と和解も気になるし、アニメーションとしての迫力は凄いので、
『序』は見ようかな。もう旧作落ちして100円だろうし、ゲオでは。旧作を見るならゲオ最強。
品揃えがちとワルイのが難点だけど。でも新作でも結構安いしお財布には優しいの。

…ファンの人に見られたら殺されそうな記事。南無三。
ぷるぷる ぼく わるいぱるんじゃないよ(訳:悪意は無いんです、すみません)。

まあ、普通に合いませんでした、という事ですね。

余談:
あー、リビルド(再構築)の映画版シリーズは、TVアニメ版見て無くても
楽しめる様に作るって監督が仰られてるのね。確かに、良い意味で
丸くなってると思うし、リビルドの方ならシリーズ通して見ても良いかなと思う。

2010.08.26 Thu 「 ヱヴァ:破映画・映像作品

すんげー今更なんですけど、初めてヱヴァを観ました。
はい、エヴァではなくヱヴァです。最近リビルド(再構築)された映画版の方。
TVアニメは、ほんのすこーしだけ見て、何だコレ意味解からんって見るのやめました。

何気に『序』では無く、続きの『破』の方から。
だってー、序はTVアニメ版のおさらいって感じの評判で、それなら
ネットであらすじでも見とけばおkじゃん? って感じで、TVアニメとはかなり違うと
評判の破から見始めたのです。ファンの人、怒らないでね?

で、感想。

「アッー!!」

いやあながちウソでもないよ。観た人にしか解からないけど。
まあ、冗談はさておき。
確かに、社会現象になるだけの事はあるな、とは思いました。インパクトはありますね。
ただ、なあ…内に向かっていく暗い感じがどうにも…肌に合わない、と思ったら、
TVアニメ版に比べたら、かなり明るくなってるんですってね。それじゃ自分は
TVアニメ版なんか見られないっ! でも、あの使徒にのっとられるシーンの
TVアニメ版との変更は、ちょっと気になるので、その部分だけ、DVD借りて
TVアニメ版見ようかな。あと、TVアニメ版の最終回が『告白』に似ていると言うので、
(↑TVアニメ版って単語が計らずも並んだ)
それも気になる。…何か感想って感じじゃないな。まあ、インパクトはあったけど、
内容を深く語れる様な感じでは無いな、と。やっぱりTVアニメ版が一番良いんですかねー?
何で使徒の変更シーンが気になるかと言うと、トウジに萌えたからです。

ウェブ拍手お返事。

>てしさん
自分も大抵は脈絡の無い、でも夢の中だけは筋が通ってる様な、
そんな夢ばっかりですよー。今回が珍しかったのです。でも、たまに今回みたいな
しっかり物語性のある夢を見るんですよ。起きた後は、映画一本観終えた気分(笑

『Re:Kinder』は確かに難しいんですよね。純粋にホラーゲームを気軽に
楽しみたい人には向かないし、だからといってあの残酷さで、
ホラーではないって言うのはさすがに無理がありますし。
仰るとおり、分類が難しいゲームです。

『ゴテとハンダ』プレイどもです!
『Re:Kinder』と全然違いますよね(笑 作風に幅があるのが
自分の良い所…なのか? メルヘンで、ちょっと子供向けのホラー要素が
入ってる児童文学的作品を目指しました。
楽しんで頂けた様で何よりです。ゴテというキャラは、とにかく『目』に注目して
もらいたいキャラです。目の変化で、彼の心情や成長が解かりますからね。
ハンダは、とにかく可愛く描きました(笑 あそこまであからさまに子供っぽいキャラは
今まで作った事が無かったので、新鮮でしたね。kinderの子供達は
あんな感じですから(笑 こちらこそ、感想ありがとうございますー。

これで偉そうな物言いなら、自分は今頃各所でフルボッコですよ(笑
ふるぬっこにならされてみたいですが。

2010.08.20 Fri 「 マイマイ新子と千年の魔法映画・映像作品

『マイマイ新子と千年の魔法』を観ました。
映像とは反して、シビアな話とは聞いていたけど…確かに。
地味な作風だから、爆発的なヒットはしなかったみたいだけど、
時間が経つにつれて、評価されていくような作品だと思う。
子供なりの楽しい出来事も描かれているけど、容赦無い現実も描かれている。
徹底して「こどものせかい」から世界を見つめた作品で、大人から見たら
馬鹿馬鹿しいかも知れないけど、それが子供なりの現実なんだよね。
楽しい事も、辛い事も、千年前の町を空想する事も、千年前の女の子と
友達になる事も、子供の頃の父親を追いかけていくことも…。
不思議な感動のあるアニメでした。もっとたくさんの人に観て欲しいな。


ウェブ拍手お返事。

>てしさん
プレイありがとうございます。
ホラー好きの人には某所などで酷評気味の本作ですが(笑
こうやって受け入れてくれる人もいて、嬉しいです。
ピエロショーの部分は、ゆういちクン自身に対する強烈な皮肉ショーですね。
この部分に限らず、シビアな状況を徹底的に笑いで突き放しているのが
この作品の一番ホラーな部分だと思ってます。リメイク前よりテーマを深く
追求しているというのはその通りで、リメイクにあたって、色々な部分を掘り下げて
いきました。ゆういちクンだけでなく、両親からの視点も入れてみたり、など…。
一見おかしいギャグも、その一つですね。

2010.07.09 Fri 「 待機中映画・映像作品

テストプレイヤーさんからの返事待ち。うずうず。
追記:Nobooさんへ
すみません、萎縮させてしまいましたね。さらっと触れただけのつもり
だったのですが。Nobooさんの生活を第一になさって下さい。でもお酒は程々に(笑


そいや、『Dr.パルナサスの鏡』のDVDを買いました。
こーゆー、不思議なテイストの映画を作れる若い監督さんが
なかなか出てこないなー。ギリアム監督もいい歳だし、バートン監督には
正直、今後は期待できない…。

コメンタリーがなかなか面白かった。
どうやって映画が作られたか、かなり紆余曲折を経て作られた映画だから、
聞いていて興味深い。何しろ主演俳優が途中で死んじゃったからね…。
コメンタリーを聞いてると、監督の人間臭さが伝わってくるんだな。それが良い。
こーゆー映画が、もっと注目を浴びればいいのに。いや、この映画はかなり
注目浴びましたけどね。何しろ話題になる様なエピソードが盛りだくさんでしたので。

全然関係ない話題になるけど、夏になると部屋の模様替えがしたくなる。何でだろ。


ウェブ拍手。

>Subrinaさん
どもー、お久しぶりです。こちらこそお世話になってます。。
やっぱりムリですよねえ、らんぱ2主催、頑張って下さいね!
つーわけで、急ごしらえではありますが、自分も超短編を
投稿させて頂きました。…といっても、ネタの使い回しですけど(汗
前回のランパ作品より遥かにパワーダウンしてますが、少しでもお祭りを
盛り上げるための役に立てたらこれ幸い。『Re:Kinder』の完成も
楽しみにしていて下さいね~。それでは!

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
ぱるん
性別:
男性
趣味:
創作・映画鑑賞
自己紹介:
妄想癖有り・有毒の人形です。
バーコード
RSS
ブログ内検索
アーカイブ